無痛治療の真実

包茎手術の不安の一つに、手術時や手術後の痛みというものが存在してきます。

今では大体どこの専門のクリニックを見てみても、「無痛麻酔」を宣伝しているクリニックが多く見受けられます。
無痛というぐらいですから、麻酔をするときの痛みなどは一切ないといえるのではないでしょうか。
しかし、実際のところ「無痛麻酔」といえども、多少の痛みはあるというようにいわれています。
この痛みを左右する要素は、専門家からいうと3つの要素があるようです。
「注射針の太さ」、「麻酔薬注入のスピード」、「浸透圧」、この3つで全てが決まるのです。
実のところ、腕の良い医師が麻酔の注射を行わないと、注射針が差し込まれた後で、皮膚の下で痛みが発生してしまいます。
一定の角度から一定の力で麻酔薬を注入できれば痛みはほとんどないといわれていますが、それを実践するとなれば相当の経験と技術が必要とされるのです。

上記にも挙げた「麻酔薬注入のスピード」と「浸透圧」の二つだけは、担当する医師の技術が大きく左右されるといっても過言ではないようです。
ですので、経験の浅い技術が足りていない医師が麻酔注射を行うとなると、痛みとなって患者に返ってくるということです。
それでも痛みに敏感な人には、「マスク麻酔」というものを用意しているクリニックもあります。

マスクから気体化した麻酔を吸い込む方式なので、注射の痛みが全くなく、眠っている間に手術が完了するといわれています。
どうしても痛みの不安だけは取り除けない人であるのでしたら、「マスク麻酔」を用意しているクリニックを探すのが一番なのかもしれません。


▽Special Link▽
医師や受付スタッフ全員が男性の包茎専門クリニックです ⇒ 包茎

Copyright © 2014 手術時や手術後の痛みについて All Rights Reserved.